Vol.049 ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018

一覧に戻る >
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018
5回目の参戦です!
今年特に強調したのは、木材の長寿命化

木材はドライに保てば、寿命は半永久的です。
外断熱工法と木造在来工法で壁体内通気を確保、
構造木材は常にドライな環境を保持しています。

アイディールの家の構造は、
隠蔽部である床下空間、壁体内、小屋裏などは開放された空間でつながっていて、
構造体は、隅々まで通気(換気)しています。

木造在来工法の床下地は根太を使います。
この根太が隙間を確保しているのです。
木材をドライに保つには、隙間確保と隙間を通気させることが肝要です。

2×4などの充填断熱では木材周りに断熱材を詰め込み、
通気を阻害するため湿気を持ってしまいます。

2018.11.01

一覧に戻る
資料請求・見学予約受付中!
イベント・ご相談来店ご来場予約 カタログ&プラン集無料プレゼント
ページ先頭へ